岐果岐阜青果は市場からおいしい自然、美味しい安心をお届けいたします

会社概要 卸売市場とは 採用情報
先輩の声 エントリー お問い合わせ

TOP >  卸売市場について

卸売市場について

卸売市場の目的及び役割

卸売市場は、毎日の生活に欠くことのできない青果物・水産物などの生鮮食品等を販売するために、卸売市場法(昭和46年法律第35号)に基づき地方公共団体が、農林水産大臣の指定する開設区域内に、農林水産大臣の許可を受けて開設するものであり、開設区域内における生鮮食料品等の円滑な流通を確保するための卸売の拠点となっています。

生鮮食料品等は、鮮度が低下しやすいため長期にわたる保存が難しく、その鮮度によって商品の価値が著しく変化し、その需要量に変動が少ないにもかかわらず、供給量(生産量)は天候その他の自然条件によって極めて大きく左右されるという商品特性を持っています。こうした商品の売買取引を放任することは、過度の競争、不当・不合理な取引、非衛生的な取り扱い等を招き、消費者及び生産者に著しい不利益をもたらすなど、社会生活に与える影響は大きい。このため、公正かつ迅速な取引を確保し、生鮮食料品等の円滑な供給と消費生活の安定を図ることを目的として、地方公共団体が、衛生的かつ効率的な施設の建設や、一定の経費負担を行うなど、市場の管理・運営にあたっています。

市場の風景

卸売市場の果たしている役割

  • 集荷/国内外から大量、多種類の品物を集めています。
  • 公正な価格形成・・・公開の場におけるせり取引及び相対取引により公正な価格が形成されています。
  • 分荷/多数の仲卸業者や売買参加者へ迅速に販売し、荷を捌いています。
  • 確実な取引の決済・・・即日支払いの原則及び代払制度により確実な代金決済を行っています。
  • 流通経費の削減・・・大量流通により経費が削減される。
  • 正確な情報提供・・・卸売予定数量・販売結果等を公表しています。
  • 衛生の保持・・・衛生的な施設の確保と食品衛生法に基づく検査を行っています。

市場流通のしくみ

(1)市場警備

市場内の秩序維持のため、市場出入口の監視取り締まり、交通整理、車両登録証のチェック、巡回保安業務、ごみ持ち込みの監視取り締まりなど、24時間の警備体制をとっています。

(2)衛生管理

生鮮食料品を取り扱う市場においては、衛生の保持は欠くことのできないものであることから、使用許可した場所はその使用者が、また、それ以外の場所については岐阜市の負担で毎日場内清掃を行っています。また、その他の対策として、害虫駆除及び下水桝・側溝等の清掃並びに消毒等を実施し、良好な衛生環境の維持に努めています。

(3)廃棄物処理

岐阜市と業界(廃棄物処理団体)との間で協定を締結し、排出者である業界が自己責任で処理しており、岐阜市はこの協定に基づき、処理に要した費用の一部(条例の範囲内)を負担し、年々増え続ける廃棄物対策として、市場関係者との連携のもと総合的な減量化対策を講じている。

(4)環境

市場内の環境改善のための一策として、小型特殊車両などの排気ガスの発生量を削減し騒音を防止することが重要です。そこで、市場内で活躍している小型特殊車両のガソリン車から電動車への切替え時に、その購入車両に対して一部補助を行い、電動化の推進を図っています。

岐果岐阜青果の24時間

●荷おろし(24時間対応)
荷おろし
産地からいろいろな野菜や果実が入荷します。到着した品物は岐果岐阜青果が受け取り、野菜や果実が品目別・等級別に区分けされ、段ボール箱に入ったまま卸売場にならべられます。
●せりに備えて品物の下見(AM5:00)
品物の下見
仲卸業者、売買参加者は野菜や果実の入った段ボール箱の品物に書かれた産地や等級などを丹念に調べて、あらかじめ買いたい品物を選び、これから始まるせりに備えます。
●せりの始まり(AM6:30)
せり
いよいよせりの開始です。朝6時30分頃から8時頃にかけて市場はせりで活気づきます。野菜や果実のせりは「固定ぜり」と「移動ぜり」の2種類があり、「固定ぜり」は「見本ぜり」ともいわれ、せり人が品物の大きさや数量を小さな黒板に書いて順番に売っていきます。「移動ぜり」は全部の品物を見せながらの、次々と移動してせりを行い、一人のせり人を多くの仲卸業者が囲んでせりを行います。仲卸業者、売買参加者は大きさや品質を見極めながら、品物を次から次へとせり落とします。
●積み込み(AM7:00)
積み込み
フォークリフトやターレットによって、野菜や果実をスピーディーに仲卸店舗へと運ばれ、売買参加者や買出人が仲卸業者たちから買った品物を、自分の店に運びます。このようにして食卓に新鮮な野菜、果物が届けられるのです。
市場用語集
堅調[けんちょう]価格は下がらず、むしろ上げ気味な状態。
小高い(小幅高)[こだかい(こはばだか)]価格が少し上昇すること。
しっかり相場がいくらか高くなって、上げ気味な状態。
強気配[つよけはい]価格が上昇傾向にある状態。
上昇[じょうしょう]相場が上がること。
続伸[ぞくしん]上がった価格が、引き続き上昇すること。
一段高[いちだんだか]価格が上昇し続けた時、何らかの原因でさらに上昇すること。
品薄高[しなうすだか]品薄のため価格が上昇すること。
じり高[じりだか]価格がじりじりと高くなること。
強含み[つよふくみ]価格が高くなろうとしている状態。
強保合[つよもちあい]価格が上昇したまま、保っている状態。
小戻す(小直す)[こもどす]価格がやや回復すること。
急騰(暴騰)[きゅうとう]一時的に価格が大幅に上がること。
反発[はんぱつ]下がっていた相場が、はね返すように上がること。
軟調[なんちょう]価格が上がらずむしろ下げ気味の状態。
小安い(小縮む・小甘い)[こやすい]価格が少し下落すること。
弱気配[よわけはい]価格が下落傾向にある状態。
下押し(下落)[したおし]価格が安値に下がること。
続落[ぞくらく]安値に下がった価格が、引き続き下落すること。
じり安[じりやす]価格がじりじりと、すこしずつ安くなること。
弱含み[よわふくみ]価格が安くなろうとしている状態。
弱保合[よわもちあい]価格が下がったまま、上昇しないで保っていること。
急落(暴落)[きゅうらく(ぼうらく)]一時に、価格が大幅に下がること。
反落[はんらく]上がってきた相場が反対に下がること。
高値疲れ[たかねづかれ]相当の期間高値が続いて、上がりそうで上がらない状態。
保合[もちあい]価格が動かず同一水準を保っている状態。
小動き[こうごき]高値、安値に多少の動きがあっても、中心相場が保合のとき。
区々[まちまち]産地、品種により、価格の上げ下げが異なること。
横ばい[よこばい]相場が上へも下へも動かないこと。